当サイトは株式会社C-betが開発・運営するスマートフォンアプリ「PokerChase」の有志攻略Wikiです。

【ポーカーチェイス】大会(トーナメント)のルール・勝ち方・報酬

ポーカーチェイス

ポーカーチェイスで行われる大会(トーナメント)のルール・勝ち方・報酬について解説する。

大会への参加方法

ホーム画面その2

 

大会へはホーム画面右の『TOURNAMENT-大会-』ボタンから参加可能。参加するためには大会が始まる30分前~直前に予約をする必要がある。上限人数3000人に達していない場合は大会開始10分後までは途中参加可能。

 

また、参加費として「トーナメントチケット」が必要。(マネーやPCMは不要。)トーナメントチケットはショップで1枚60PCM、10枚500PCMで購入できる。

トーナメントチケット

大会のルール

大会は以下のようなルールで行われる。

開始時チップ 100
初期BB/SB 2/1
参加人数 3000人(※1)
入賞 300人参加の場合上位50名
※1  初期の大会(10/29~10/31)では参加人数が最大300人であったが、開始数秒で300人の予約が埋まってしまう現象が発生した。このため、運営が協議し、11月の大会から参加人数が最大3000人に変更された。

大会の報酬

入賞報酬は次のようになっている。これは2000~3000人の大会の場合であり、参加人数によって報酬は異なる。

1位 3000PCM
2位 1500PCM
3位 1200PCM
4位 1000PCM
5位 900PCM
6位 800PCM
7位 700PCM
8位 600PCM
9位 500PCM
10位 400PCM
11~80位 200PCM
81位以下 報酬なし

大会独自の仕組み

大会は通常のランク戦といくつかの仕組みが異なるため、ここで説明する。

初期チップとBB/SBが小さい

通常のランク戦では初期チップ10000、BB/SBが200/100となっているが、大会では初期チップ(スタック)は100、BB/SBが2/1となっている。通常よりもチップ量が少ないため、感覚が狂ったプレイヤーも多いだろう。注意が必要である。対策としては普段のランク戦からチップ量をBB表示させておくと良いかもしれない。

テーブルが移動する

通常のランク戦では、誰かが1位になるまで最初の6人で試合が固定されている。しかし大会では、テーブルの誰かが飛ぶと、代わりの誰かがその席を埋めるように移動する仕組みとなっている。逆に、テーブルの人数が少なくなって、自分が他のテーブルに移動することもあり得る。このため、大会中は多くのプレイヤーと向かい合うこととなる。

大会の勝ち方・対策

大会はランク戦と仕様が異なるため、ある程度対策しておくと良いと思われる。ここでは対策方法をいくつか紹介する。

対戦相手のVPIPを見る癖をつける

大会では多くのプレイヤーと対戦することになる。通常のランク戦のように対戦相手がずっと同じなら「相手がどのようにプレイするのか」観察する余裕もあるが、大会ではそうもいかない。このため、対戦相手のVPIPから行動を予測することをおすすめしたい。例えば、VPIPが低い場合はブラフで下ろせる確率が高いため、こちらのハンドが良くなくてもレイズして相手を下ろしに行こう。逆に、VPIPが高く、ランクもビギナーやブロンズの場合はブラフが効きにくいので慎重にレイズしよう。

BB表示で戦う

大会ではスタック(=初期チップ)が100とかなり少ないため、混乱するかもしれない。普段のランク戦からチップをBB表示しておくと混乱せずに済みそうだ。対局中に、自分の名前の部分をタップすると通常表示とBB表示を切り替えられる。

通常表示 BB表示
通常表示 BB表示

大会の成績はプレイヤー情報から閲覧可能

ポーカーチェイスの大会成績

大会の成績はプレイヤー情報から見ることが出来る。(大会に参加していない場合は下画像のように空白となる。)大会成績は通常のランク戦でも対戦相手から見られる部分なので、入賞できるよう頑張ろう。

お気に入りページへ

タグ: