当サイトは株式会社C-betが開発・運営するスマートフォンアプリ「PokerChase」の有志攻略Wikiです。

SBの立ち回り

SBの立ち回り【ポーカー】

ポーカーにおけるSB(スモールブラインド)の立ち回りについて。

この記事は【https://www.youtube.com/watch?v=twD5wuBMOg4】をテキスト化したものです。

SBとは

ポーカーのポジション

SBとはBBの横のポジションのことです。スモールブラインドの略です。

プリフロップは基本的にレイズ

ポーカーは後手が有利です。なぜなら、相手の反応を見てからこちらのアクションを決めることができるからです。プリフロップの段階でコールしてしまうと、SBはフロップで一番最初にアクションしなければなりません。このため、SBはプリフロップの段階で3betし、相手にコールさせることで、フロップを後手にさせてもらうことが重要になります。

 

プリフロップでSBが3betするハンドレンジは次のようになります。

AA AKs AQs AJs ATs A9s A8s A7s A6s A5s A4s A3s A2s
AKo KK KQs KJs KTs K9s K8s K7s K6s K5s K4s K3s K2s
AQo KQo QQ QJs QTs Q9s Q8s Q7s Q6s Q5s Q4s Q3s Q2s
AJo KJo QJo JJ JTs J9s J8s J7s J6s J5s J4s J3s J2s
ATo KTo QTo JTo TT T9s T8s T7s T6s T5s T4s T3s T2s
A9o K9o Q9o J9o T9o 99 98s 97s 96s 95s 94s 93s 92s
A8o K8o Q8o J8o T8o 98o 88 87s 86s 85s 84s 83s 82s
A7o K7o Q7o J7o T7o 97o 87o 77 76s 75s 74s 73s 72s
A6o K6o Q6o J6o T6o 96o 86o 76o 66 65s 64s 63s 62s
A5o K5o Q5o J5o T5o 95o 85o 75o 65o 55 54s 53s 52s
A4o K4o Q4o J4o T4o 94o 84o 74o 64o 54o 44 43s 42s
A3o K3o Q3o J3o T3o 93o 83o 73o 63o 53o 43o 33 32s
A2o K2o Q2o J2o T2o 92o 82o 72o 62o 52o 42o 32o 22

プリフロップで例外的にコール

プリフロップは基本的に3betが推奨されていますが、ミドルポケット(55~99)は例外的にコールしてもよいです。

【コールしていい理由】

ミドルポケットはフロップ以降でスリーカードにならなかった場合、勝っているかどうかわかりづらいため、ブラフするのもブラフキャッチするのも難しいです。このため、ミドルポケットは大きなポットでの戦いに向いていません。プリフロップで3betしてしまうと必然的にポットが大きくなるので、ミドルポケットの場合はコール止めしておいてもよいです。

SBは難しい

SBは3betから入るため、ビッグポットをかけた戦いになりプレッシャーがかかります。対戦相手の傾向をつかんで、アクションをしなければなりません。メンタルや技術の高さが必要とされます。

 

攻略Wikiトップページへ