当サイトは株式会社C-betが開発・運営するスマートフォンアプリ「PokerChase」の有志攻略Wikiです。

フラッシュドローの立ち回り

フラッシュドローの立ち回り

ヘッズアップにおけるフラドロの立ち回りについて。ポジションやスタックなどは無視して簡略化しています。ご了承ください。

立ち回り早見表

【重要】この記事は相手がある程度強いことを想定しています。StageVI未満の場合はブラフが通用しない場合が多いため、ブラフせずチェックしてください。

フロップでの立ち回り

状況 ベッドされた場合 されてない場合
ペアなしの

フラドロ

コール セミブラフ
ミドルペア付きの

フラドロ

コール チェック
Aハイナッツ

フラドロ

レイズ セミブラフ
ストフラドロ レイズ セミブラフ
ターンとリバーの2枚でフラッシュが完成する確率は36%程度あります。このため相手からベッドされても基本的にフォールドはしません。しかし、ドローを完成させなければこちらに勝ち目がないのも事実。ベッドされていないのであればドンクベッドにならない限りセミブラフで相手を下ろしに行きましょう。

ターンでの立ち回り

状況 ベッドされた場合 されてない場合
ペアなしの

フラドロ

安ければ

コール

チェック
ミドルペア付きの

フラドロ

コール チェック
Aハイナッツ

フラドロ

安ければ

コール

セミブラフ
ストフラドロ 安ければ

コール

セミブラフ
リバーの1枚でフラッシュが完成する確率は18%程度しかありません。このため相手からベッドされた場合、基本的にフォールドするべきです。ただしポット額の1/3以下のベッドならばコールしてもよいです。また、Aハイナッツフラドロやストフラドロはフロップでレイズをしている状況を活かして、ターンでも引き続きベッドし、相手を下ろしに行きます。

フラッシュが完成した場合の立ち回り

対戦相手 立ち回り
誰でも 少額の

コンティニュエーションベッド

ワンペアで頻繁に

ベッドする相手

チェックレイズ
同じ絵柄が3枚出た時点でフラッシュが警戒されるため、こちらからベッドしなければそのまま終わってしまう可能性があります。そのため、ワンペアに向けて相手が下りない程度の少額ベッドを打つのが効果的です。ただし、ワンペアで頻繁にベッドしてくる相手に対してはチェックレイズしてポットを大きくすることも検討しましょう。

 ペアなしのフラドロ

フラドロ4

ドローを完成させないと相手に勝つのは不可能です。特にこのような状況ではオーバーカードもないため、フロップでは大きめにベッドして相手を下ろしに行きましょう。相手を下ろせずターンになった場合はおとなしくチェックフォールドしましょう。

ミドルペア付きのフラドロ

フラドロ2

フロップでフラッシュドロー付きのミドルペアができた場合は勝っている可能性が高いためフロップはチェックコールで回します。仮にフロップで負けていたとしてもツーペアやトリップスの逆転勝ちがあるためセミブラフで相手を下ろすのはもったいないです。ターンも基本的にチェックコールです。

Aハイナッツフラドロ

フラドロ1

こちらはフラッシュを完成させなくても残り2枚でAが落ちれば勝てる状況です。残り2枚のカードでフラッシュが完成する確率が36%あり、Aが落ちる確率も含めれば仮に相手がQを持っていたとしても勝率は40%以上あります。相手からのベッドにもレイズしてよいでしょう。レイズしても相手が下りずターンになった場合は、引き続きベッドするのが一般的です。

ストフラドロ

フロップの段階でストレートドローかつフラッシュドローになりました。基本的な立ち回りはAハイナッツフラドロと同じです。

フラッシュが完成した場合

ターンやリバーでフラッシュが完成しました。やりましたね。しかし、同じ絵柄が3枚出た時点で相手はフラッシュを警戒しています。このため、こちらからベッドしない限り、相手からこれ以上のチップを奪うのは難しいでしょう。ワンペアなどが下りない程度の少額ベッドを打つのが効果的です。

 

また、相手がフラッシュを気にしないプレイヤーの場合はチェックレイズして大量のチップを奪い取るのも検討しましょう。

 

参考サイト【https://runnerrunner.jp/playing-draws-2/】

参考サイト【https://www.youtube.com/watch?v=uh2CEeYDklM】

攻略Wikiトップページへ